読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬるまゆのぬるっと飛行機旅

2017年よりSFC修行を開始。備忘録を兼ねたそこら辺にいるOLの飛行機旅奮闘記です

SFC修行第一弾【羽田→那覇1レグ目①】

いよいよ待ちに待った修行が始まりました。

第一弾は羽田-那覇間を2往復(4レグ)という、いかにも修行らしい定番ルート。しかも元旦に。

私の人生の中で最もワクワクした年明けとなりました。

 

早朝5時の羽田空港。元旦ということもありロビーは空いていましたが、ANAプレミアムカウンター入口前だけはすでに列ができております・・・。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170125155653j:plain

お正月らしく門松が飾られていました。

 

私のチケットは4レグ分とも普通席だったのですが、この時点で3レグ目の便のみプレミアムシートの空きが3席ほどあることをANAのアプリで確認していました。そうです、当日のアップグレード狙いで早起きして空港にやってきたのです。

 

しかし、すでに先客が7名ほど。

 

ってか、みんな修行僧に見えてくる・・・(゜_゜)

 

この待ち人の中にプレミアムシート・イス取りゲームのライバルはいるのかな?あのカップルやご夫婦らしき人達はさすがに修行じゃないよね~♪

などと、5時15分のカウンターオープン時間まで楽観的に待っていると、私の後ろに並んだご夫婦が私の前に並んでいた男性に声を掛けています。どうやら彼らはお知り合い同士の様子。

 

間に挟まれたアカの他人の私は「お邪魔かしら」と思い、少し横にズレて場所を空けたものの彼らの会話がとぎれとぎれで耳に入ってきました。

 

「今日はどこ行くの?」

「沖縄に行くんです」

「今回はあっちでゆっくりするの?」

「いや、那覇空港の水槽見て帰って来るだけなんですけどね」

「またぁ?!ほんと好きだね~」

 

・・・・。(((((((゜_゜)

 

これ、完全に修行僧やないかーーーいっ!!

 

 この会話により私の緊張は一気に高まります。突然、みんなが修行僧に見えてきます。みんなが残り3席のプレミアムシートを狙っているライバルに見えてきます。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170125170838p:plain

 

「実は私も修行僧なんですよ、おほほ♪」と会話に入ることができればいいのですが、チキンな私にそんなことができるはずもなく、スマホの時計とにらめっこしならがカウンターが開くのを待つのみ。

 

いよいよカウンターオープン。そして早速メンタル修行スタート。

 GSさんの「お待たせしました~」のお声がけと共に入口の自動ドアが開きます。

ドキドキしながら中へ。このプレミアムカウンターを利用するのは初めてです。

 

5分も待たずに私の順番がまわってきました。キレイなGSさんが100万ドルの笑顔でお出迎えです。

 

GS:「明けましておめでとうございます。本日はどうもありがとうございます。今年もANAをどうぞよろしくお願い致しますm(__)m」

 

普通に挨拶しようと思ってたのに不意打ちのあけおめ攻撃!

そうか、今日は元旦だった。。。そして何なの?このキラキラな笑顔!!

 

ぬ:「ハワッ、明けましておめでとうございますっ!こちらこそよろしくお願いします・・・。あの、15時55分の便ですがプレミアムシート席がまだ空いてたらアップグレードをお願いしたいんですけど」

 

GS:「かしこまりました。はい、まだ空席がございますのですぐにお取りしますね。

ニコッ♪」

 

ぬ:「かっ・・・かわええ・・・☆」(//▽//)

 

GS:「あの、お客様・・・。本日、羽田那覇間を4便ご予約いただいているようなのですが、お間違えございませんか・・・?眉毛ハの字)」

 

ぬ:「ファッ!!はい・・・。ええ、間違いないです・・・(眉毛ハの字)」

 

GS:「ありがとうございます。では4便分発券させていただきますね。ニコッ♪」

 

ぬ:「はい・・・。お願いします・・・(眉毛ハの字)」

 

恥っずーーーーー!!

1日で、しかも元旦に羽田那覇2往復なんて正気の沙汰じゃないですものねー!

れが先輩方がおっしゃっていたウワサの恥ずかしいやつー!メンタルーーー!!!

 

f:id:miracle_nurumayu:20170125173845p:plain

 

赤面したままUG分9,000円を支払い、発券いただいた搭乗券4枚を受け取りました。

 

動揺しながらも「1レグ目は普通席だけど、このまましれーっと優先保安検査場通れるかしら・・・」というゲスい考えが一瞬頭をよぎります・・・。が、ここはやはり安定のチキン。そそくさと今来た道を戻り、小走りで一般保安検査場を抜けて搭乗手続きを終え、無事に那覇へと旅立ったのでした。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170125175424j:plain

 

 早速いろいろある~♪