読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬるまゆのぬるっと飛行機旅

2017年よりSFC修行を開始。備忘録を兼ねたそこら辺にいるOLの飛行機旅奮闘記です

SFC修行【もう緊張しない!プレミアムクラスでの過ごし方】

SFC修行

《革シートの記事追記しました:2017年2月26日》

SFC(スーパーフライヤーズカード)取得に向けて2017年の元旦から始めた修行も、現時点で予約済み・搭乗予定の行程は残り2レグとなりました。

(これを消化してもまだ50,000PPには満たないんですけどね。残りはこれから作戦を練ります!修行記も少しずつ更新していきます!)

 

最初は普通席の利用のみだった私も少しずつ欲が出て来て(笑)、より快適なプレミアムシートを利用する機会も増えてきました。

 

そんな私が、これから修行を始める方やあまり飛行機に乗り慣れていない方、プレミアムクラス未体験者の方にも分かりやすいように『超初心者向け・プレミアムクラスでの過ごし方』を書いてみました。

 

乗り慣れていらっしゃる方は読み飛ばして下さい!

f:id:miracle_nurumayu:20170219163750j:plain

 

私は海外旅行(主にビーチリゾート)が好きで、これまで年に2~3回くらいのペースで飛行機に乗る機会がありました。ビジネスクラスにもほんの数回のみ搭乗経験があったのですが、私の場合ビジネスクラス利用はほとんど外資系の航空会社。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170219164731j:plain

 

なぜか、外資系航空会社のビジネスクラス利用時はさほど緊張しません。でもこの修行で初めて利用したANAのプレミアムクラスの初搭乗時は本当に緊張しました。その違いはおそらく日本の航空会社の搭乗客に対するきめ細やかなサービスなのではないかと感じています。

 

外資系のCAさんはすごく明るくてフレンドリー、良くも悪くもざっくりした感じ。CAさんがうっかり飲み物をこぼした時なんかも、すんごい笑顔で「あらやっちゃったわ。ごめんなさいね~♪」ってそのまんま。おいおい、拭かんのかーい!と。

 

でも日本の航空会社のCAさんは、とにかく気が利くというか搭乗者のことをすごく見ていらして、こちらのニーズに先回り先回りして応えて下さる感じ。すごくありがたいことなのですが、こういうのに慣れていない私は異常に緊張していた訳です。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170219165438j:plain

 

前置きが長くなりましたが、せっかくプレミアムクラスに搭乗するのですから、利用できるサービスはとことん利用し、緊張せずに快適な機内でのプレミアム感を楽しみましょう!

 

まず、プレミアムクラスのシートに到着すると、CAさんがご挨拶に来て下さいます。

 

「ご搭乗ありがとうございます。わたくし、本日担当させていただきます〇〇と申します」

 

と。キラキラの笑顔です。

 

「よろしくお願いしまーす」とこたえるも良し、

 

「わたくしは〇〇と申します。こちらこそよろしくお願いいたします」と自己アピールをするも良し。

 

続いて

 

「よろしければ上着をお預かりしましょうか?」

 

と言われますので、コートやストールなど、座席に置いておくと嵩張るものは預かっていただきましょう。

f:id:miracle_nurumayu:20170219170046j:plain

 

但し、一旦CAさんに預けると着陸態勢に入る少し前まで返してもらえないので、うっかりポケットの中にスマホや音楽プレーヤーなどを入れたまま渡してしまわないように気を付けましょう。

 

コート類をCAさんに預けると、次は

 

「よろしければ新聞のご準備もございますがご覧になりますか?」

 

と聞かれます。

 

初めてプレミアムクラスを利用した時は、これ、結構不意打ちといいますが、予想していなかったお伺いだったので、キラキラの笑顔で聞かれてしまうとお断りするのが申し訳ない気持ちになり、たいして読みたくもないのに「あ・・・。ではお願いします」とお返事してとりあえずいただく、ということがありました。

 

必要がない方は、素直にお断りして大丈夫です。(当たり前です)

 

いよいよ着席・・・ですがその前にひとつ注意点があります。

 

プレミアムクラスは最前列に限らず、2列目以降の席でも足元に手荷物を収納するスぺースがありません。エコノミー席だと手荷物は前方座席の下に収納出来るので、フライト中何か必要になった時はすぐ取り出せるのですが、プレミアムクラス搭乗者は着席前に頭上の収納棚に荷物を入れる必要があります。

 

ですので、フライト中に利用するであろうと思われるものは予めバッグから取り出しておき、自分の座席の収納スペースや座席前方のポケットに入れておきましょう。

 

ちなみに私の場合、

スマホ

・本

・音楽プレーヤー

・ハンドクリーム

・目薬

・リップクリーム

スマホ用充電器(搭乗する機材による) 等々

 

は、すぐ使えるように小さめのポーチにまとめて座席に置いてます。

 

もちろん、安定飛行に入ってしまえばいつでも頭上の収納棚から物を取り出せますので、大事な物を取り出し忘れたからといって落ち込む必要はありません。

 

*気になる方はこのタイミングでお手洗いに行っておくと良いと思います。

 

手回り品の準備が出来たらいよいよ着席です。

 

ちなみにこの日私が搭乗したのはB767-300。

f:id:miracle_nurumayu:20170219171026j:plain

 

f:id:miracle_nurumayu:20170219134216j:plain

ちょっと古めのシートでした。

f:id:miracle_nurumayu:20170219134407j:plain

 

シートベルトを締めたら辺りを見渡しましょう。 

私を悩ませたたくさんのボタンがお出迎えです。 

*この日のシートはちょっと古い型ですが、新しいものでもボタンの種類はさほど変わらないと思います。

 

むむっ!

f:id:miracle_nurumayu:20170219133445j:plain

 

むむむっ!!

f:id:miracle_nurumayu:20170219133207j:plain

 

あれこれ押したくなりますが、この時点でこのボタンを押してシートを倒してしまうとすぐにCAさんに元に戻されること必至ですのでここはグッと我慢です。

 

でもこちらのボタンは着席してからすぐに使用可能です。

f:id:miracle_nurumayu:20170219141634j:plain

機内音楽を聴きたい方は、座席前方のポケットに入っているヘッドフォンを取り出し、この写真のシルバーの穴にジャックを差し込みます。現在6チャンネルが設定されていますが、左右の黒の▼▲ボタンが音楽番組のチャンネルになっていますのでお好みのものを。ボリュームは+-ボタンで調整。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170219142152j:plain

白い電球のボタンは読書灯です。自分の座席の頭上にある照明だけがスポットライトのように灯ります。

 

私が飛行機搭乗経験値がまだ浅かった頃、この電球ボタンが何かしらの照明ボタンなのであろうという認識はあったのですが、どこの照明が点くのか、これ押して機内の一部が突然暗くなったらどうしようとか、押したいけど怖くて押せない・・・っていう、気になるけど触れない鬼門のボタンだったんですね。

 

ある日、お隣りに座ってらした方がこのボタンを押して読書されているのを見て、「おおおおお!たまに暗い機内でスポットライト当たってる人はこれを押してたのか!!CAさんがその都度気を利かせて点してあげてるのかと思ってたーー!」と感動したものです。

 

次はこちらのボタン。

f:id:miracle_nurumayu:20170219143129j:plain

女子トイレ。

 

ではなくCAコールボタンです。CAさんに用事がある場合はこれを押すと来てくれます。用事がないなら押したらあかんやつです。

 

そしてその上に付いている白い丸いボタン。

これって皆さんご存知ですか?私は昨日まで「これ何なんだろー」って思ってたんですが、こちらはCAコールの取り消しボタンだそうです。

 

うっかりタブレットを落とした時にここに当たっちゃってCAコールボタン押しちゃった!!みたいな時に、この丸いボタンを押すことで呼び出しの取り消しが出来るとのこと。

 

用もないのに浮かれてCAコールボタン押しちゃった!でも正気に戻った!って場合は、すぐさまこちらのボタンを連打してください。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170219133445j:plain

これらのボタンは新しいシートだとアームレスト(肘掛け)の中に収納されていたりします。何がどこにあるのか、いろいろ探してみるのも楽しいですよね。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170219143940j:plain

あと、コレなんだ?と思いました。

座席の腰の辺りからなんか出てくるの?風?レシート??

 

CAさんにお尋ねしたところ、「こちらのスペースに小物を入れて下さい」というサインとのことでした。ちょっと分かりにくい。。。

 

注意深く辺りを見回しながらこのマークを何度かそっと押してみたっていうのはここだけの話です。(//∇//)

 

新しいシートだとこのアームレストの前方にコンセントプラグが付いているので、スマホタブレットの充電をするのもいいですね。

 

 

ドアが閉まり、離陸。

飲み物は安定飛行に入るまで提供されません。お手洗いにも行けません。

それまでの時間、何を飲もうか考えるのもプレミアムクラスでの過ごし方の楽しみのひとつ。

 

前方座席のポケットにこんな冊子が入っています。

f:id:miracle_nurumayu:20170219152019j:plain

これに目を通しておきましょう。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170219152020j:plain

アルコールやソフトドリンク。種類も豊富です。

 

私はアルコールが全くダメなのでいつもソフトドリンクをお願いしているのですが、このメニューの在処が分からなかった頃は、どこにでも必ずあるであろうコーヒーやお水、お茶など無難な飲み物しか頼んでいませんでした。

 

勇気を振り絞って「ぶどうジュースありますか?」とか聞いて「ございません」って言われる恐怖!!

 

チキンの私はそんなリスクを極力避けてまいりましたので、このメニューの在処を知った時はうれしかったです。前方ポケットに入ってますからね♪

 

そして、安定飛行に入るとシートベルトサインが消えます。

 

このタイミングでシートを倒したり、お手洗いに立つことが可能になります。

頭上の収納棚から物を取り出すことも出来ます。

 

ここでリクライニングボタンの出番です。

f:id:miracle_nurumayu:20170219133207j:plain

一番右のボタンを引き上げながら背中に体重をかけると背中のシートが倒れます。

真ん中のボタンはフットレストのボタン。こちらを引くことで足元にある支えが上がってきます。私のやり方が悪いのかもですが、やんわりとしか上がってこないので、角度的に物足りない場合は、片手でボタンを引きながらもう片方の手でフットレストを引き上げると結構上がります。フットレストにふくらはぎをのせると足のむくみも若干軽減されるので、個人的には好きなボタンです。

 

左のボタンは足の裏を置く場所を調整するボタン。(正式名称が分からない)

f:id:miracle_nurumayu:20170219150106j:plain

ボタンを引き上げながら足をグーッと踏ん張るとココがビヨーンと伸びる仕組みです。

私はあまり使いません。(一度伸ばすと戻すのに難儀しそうだから)

 

 

座席の調整が終わった頃を見計らってるかのように、このタイミングでCAさんがお食事の準備を始めます。

 

おしぼりを持ってこられますので、この辺りでテーブルの準備です。

 

エコノミー席の経験しかなかった頃はこのテーブルをどう準備したら良いのかが分からず困りました。(使ったことないなら分からなくて当然!) 機材、シートによって多少違いはありますが、基本はたいてい同じです。細かく解説していきます(笑)。

 

怖がらずにアームレストをじっと見てみましょう。

f:id:miracle_nurumayu:20170219150405j:plain

くぼみ発見です。ここを持って開けます。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170219150645j:plain

パカッ。

テーブルが収納されています。

 

 

よく観察するとテーブルの端に革製の持ち手がついていますので、それを持って上に引き上げます。女性にはちょっと重いかもです。

f:id:miracle_nurumayu:20170219151128j:plain

 

ふんっ!!

f:id:miracle_nurumayu:20170219151147j:plain

f:id:miracle_nurumayu:20170219151224j:plain

シャキーン!

 

ここまでくれば、あとはテーブルをゆっくり倒すだけです。

f:id:miracle_nurumayu:20170219151433j:plain

*注:テーブルを倒せば飲み物が勝手に湧いて出るわけではありません。

 

二つ折りになっているのを展開すればテーブルセッティングの完了です。

f:id:miracle_nurumayu:20170219151851j:plain

 

f:id:miracle_nurumayu:20170219174242j:plain

「PUSH FOR SWING」のボタンを矢印方向にずらすことでテーブルを手前・奥にスライドさせることが出来ます。

 

テーブルセッティングか完了するとCAさんがお食事を運んで来て下さります。

この時に「ご一緒にお飲み物をいかがですか?」とのお伺いがありますので、先ほどメニューで予習しておいたお好みの飲み物をお願いしましょう。

アルコールでもソフトドリンクでもお好きなものを。

 

朝の便と夜の便に提供されるのは「GOZEN」と呼ばれるお食事。

こちらとある日の夜便の一例です。

f:id:miracle_nurumayu:20170219154142j:plain

小食の女性がちょうど良いと感じるくらいのボリューム。 

 

なお、13時~15時発の便で提供されるお食事はSABOと呼ばれ、こちらよりさらに軽めのお食事となります。(SABOの焼き菓子のみお持ち帰りも可能です)

 

SABOの参考になる良い写真ないかな~とアルバムを探してみたところ、私がSABOに遭遇したのは一度きり。しかも唯一の写真。コレ。。。

f:id:miracle_nurumayu:20170205121901j:plain

はい、ブレッブレです。初めてプレミアムクラス利用した時に撮った写真です。

 

緊張しっぱなしだったその時の詳細はこちら。

miracle-nurumayu.hatenablog.com

 

私はとにかく写真が下手なので、GOZEN、SABOのお写真は公式ページをご参照ください。

国内線サービス~プレミアムクラス~ |Service & Info[国内線]|ANA

*出発予定時刻が11:00以前の便であっても12:00-13:00の間を30分以上(予定)飛行する便は、昼食をご提供いたします。<ANAの公式ページより抜粋>

 

提供されたお食事はおいしくいただきましょう♪

 

「お食事終わったけどちょっと足りないな~」という場合は、再び先ほどのメニューをチェック。 

f:id:miracle_nurumayu:20170219152021j:plain

スープがあります!

物足りない時は、たくさん具材が入っていそうなきのこポタージュスープなんかが良さそうですね。

 

お食事を終えるとCAさんが「食後にお飲み物をお持ちしましょうか?」と声をかけて下さいますので、このタイミングでお願いするとスムーズですね。

 

「スープお願いします」だけだと、コンソメスープが出てくる場合もありますので、はっきりと「きのこポタージュスープをお願いします!」と伝えましょう。

 

*スープのメニューも利用する便によって変わります。

 

この日の私はGOZENだけでお腹がいっぱいになったのでコーヒーをお願いしました。

コーヒーをお願いすると、一緒にクッキーも持って来て下さいます。

*まれに違う種類のお菓子が提供される場合もあります

 

f:id:miracle_nurumayu:20170219161309j:plain

この日はくまモンのクッキーも一緒にいただきましたが、ANAのプレミアムクラスといえばこれ!というくらい人気の「フォンダンビスキュイ」。ファンが多いですよね。レーマンというお店の商品なのですが、東京都内だと上野の松坂屋で購入可能です。

 

基本的にコーヒーと共に提供されるのは1~2枚ですが、もっと欲しい場合は正直に伝えましょう。おそらくCAさんが笑顔で持って来て下さると思います。

 

食事の時間以外でも、CAさんは時々バスケットに入れたこのクッキーやのど飴などを持って巡回して下さるので、「自ら『ちょうだい』って催促するのは恥ずかしいわー」と感じるのであればこのタイミングを狙いましょう(笑)。

 

目的地到着の30分くらい前になると着陸態勢に入るため飛行機は高度を下げます。機体に揺れが生じやすくなるのでシートベルトサインが点灯します。シートベルトサイン点灯中は離席を禁じられますのでお手洗いは早めに済ませておきましょう。

 

シートベルトサイン点灯の少し前に、CAさんが預けておいたコート類を返却しに席にやって来られます。

 

「本日はご搭乗いただき誠にありがとうございました」

 

「こちらこそありがとうございました」

 

着陸するとプレミアムクラスの搭乗者から先に降機させてもらえます。

次の便まで時間があんまりない!!という修行僧も多いと思うのでこれは助かります。

CAさんが笑顔でお見送りして下さるので感謝の気持ちで持って笑顔で降機しましょう!

 

《以下、革タイプのシートについて追記しました:2017年2月26日》

f:id:miracle_nurumayu:20170226140545j:plain

すみません、私物が写り込んでしまったので座席にも一部モザイク。

f:id:miracle_nurumayu:20170226140546j:plain

リクライニングボタンの配置が旧シートとは左右逆になっていましたが、用途は全く同じです。

f:id:miracle_nurumayu:20170226141559j:plain 

ヘッドホンジャックの挿入口が2つあるように見えますが、上の穴は下のより若干小さいのでジャックが入りません。下の方を使いましょう。

 

革シートは、機内音楽のチャンネルやCAコールボタンがアームレストに収納されています。 

f:id:miracle_nurumayu:20170226140548j:plain

音楽のチャンネル、ボリュームボタン。横に3つ並んでいるボタンは、左からCAコールボタン、CAコールのキャンセルボタン、読書灯です。

f:id:miracle_nurumayu:20170226140549j:plain

真ん中に縦に2つ並んでいるボタンは何度か押してみましたが用途が分かりませんでしたので、ご存じの方ご教示下さいませ。*特にだいちぃさん、よろしくお願いします笑

 

「お隣りさんが席にお見えになる前に!」と搭乗直後に急いで撮ったためお写真ブレブレですが、アームレストの足元前方にUSBポートとコンセントプラグがあります。

f:id:miracle_nurumayu:20170226140550j:plain

アームレストに収納されているテーブルは1枚板タイプだったので辺が長いです。

f:id:miracle_nurumayu:20170226140551j:plain

持ち手は真ん中に付いてます。

f:id:miracle_nurumayu:20170226140552j:plain

完全に上に引き上げてから横にゆっくり倒す、というセッティング方法は旧シートと同じです。

 

こちらは・・・。

んー。見るからに何か仕掛けがありそうな予感がします。

ギザギザの部分を指で滑らせてみると、

f:id:miracle_nurumayu:20170226140553j:plain

今回初めて気づきました。こんな仕組みになっていたんですね。

f:id:miracle_nurumayu:20170226140554j:plain

私はお食事が提供されるのを今か今かとギラギラ起きて待っているタイプなのでこれを利用する機会はなさそうですが、寝落ちしてしまいがちな方はぜひご利用下さい。

 

こちらはシート横にある埋め込み式の小物入れ。 

f:id:miracle_nurumayu:20170226140555j:plain

*説明用にお隣りさんの小物入れに印を付けましたが、必ず自分のシート横にあるものをお使いくださいませ。 

f:id:miracle_nurumayu:20170226140556j:plain

パーテーションとシートの間にあります。

白いボタンの下から指を引っかけるようにして手前に引き出すと細ーい小物入れが現れます。

 

旧シートの小物入れは座席に座っていれば視野に入るので問題ないのですが、こちらの小物入れに私物を入れてしまうと完全に視野から消えてしまうので、入れたことを忘れてしまいそうな緊張感がありますね。気を付けましょう。

 

こちらは旧シートにはない手元灯です。(正式名称は分かりません)f:id:miracle_nurumayu:20170226140557j:plain

*こちらも説明用にお隣りさんのものに印を付けていますが、ご自分にシートに付いているものをご利用下さいませ。

シルバーの部分に丸いスイッチが付いています。1回押せば照明が付き、もう1回押せば消えます。 

 

最後に。

プレミアムクラスに限らないのですが、機内のお手洗いが使用中かどうかを席にいながら判別する方法を。

 

そんなこと、誰でも知ってるでしょ?!と思われる方も多いと思いますが、私の友人が知らなかったので意外とご存じない方もいらっしゃるかも知れません。

 

座席前方のモニター上にこういうサインがあります。

真ん中に赤いバツ印が点灯している時は「お手洗い使用中」です。

f:id:miracle_nurumayu:20170226150908j:plain

バツがある時。 

f:id:miracle_nurumayu:20170226140559j:plain

ない時。(551のCMみたいですが)

f:id:miracle_nurumayu:20170226140600j:plain

バツがあれば消えるのを待ちましょう。

  

以上、初心者向けのプレミアムクラスでの過ごし方でした。