読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬるまゆのぬるっと飛行機旅

2017年よりSFC修行を開始。備忘録を兼ねたそこら辺にいるOLの飛行機旅奮闘記です

SFC修行第二弾【バンコクのホテル】

2017年のSFC修行第二弾、行き先はタイのバンコク

 

空港から車で約30分で到着した今回の宿泊先は

「ダブルツリー バイ ヒルトン スクンビット バンコク」です。

f:id:miracle_nurumayu:20170221131558j:plain

車から降ろしたスーツケースをドアマンさんがレセプションまで運んでくれます。 

 

*深夜の到着となりましたのでお写真は翌日撮ったものです。

f:id:miracle_nurumayu:20170221131559j:plain

入口正面に故プミポン国王肖像画が飾られています。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170221131600j:plain

レセプション。コンパクトにまとまっています。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170221131601j:plain

レセプションの向かいには朝食会場となるレストランがあります。

 

さてチェックインです。

 

マイラーさんの多くはこういうホテルの上級会員さまだったりするのですが、残念なことに私はステイタスなしの平民です。ド平民。

 

上級会員の皆さまは、平民がうらやむ上級会員特典の恩恵を通常運行で享受されることと思いますが、おこぼれ的で構わないので登録するだけですぐに利用出来る特典はないものかと思い、こちらのホテルを予約する際にヒルトン系列の会員サイト「ヒルトンHオナーズ」(以下:H Honors)について少し調べてみました。

 

H Honorsには、ブルー、シルバー、ゴールド、ダイヤモンドの4ランクがあり、入会後すぐ特典が利用出来るのが一番低いランクのブルーとなります。(もちろん無料です)

 

<H Honorsブルー特典>

①最安料金-シンプルステイ料金から最大10%の割引料金が利用可能

 ふむふむ。。。

 

②ポイントを貯めて無料宿泊

 いっぱい泊まる人はいいですよね。私はそこに到達するまでにポイントの有効期限が切れちゃうパターンかなぁ。

 

③スピーディーなチェックイン

 ホテルへの到着が深夜だから、放っておいてもスピーディーなチェックインになりそう。

 

④レイトチェックアウト(注* お客様からリクエストがあり状況が許す場合のみ)

 これはいいですね。でも今回は最終日の朝が早いから利用できないなぁ。

 

⑤2人目のお客様は宿泊無料(注* 条件付き)

 ひとり旅が多いから私にはあんまり関係ないかな。

 

⑥エクスプレスチェックアウト 

 そんなに生き急いでない。お仕事で利用される方は便利ですよね。

 

⑦ご滞在中の客室内およびロビーでのスタンダードWi-Fi接続無料

 むむむっ!!これは助かる!!(よく考えたら出発前にwifiレンタルしてたけど)

 

⑧クッキーがもらえる。

 食べたい。

 

ということで、H Honorsの公式ページから入会してみました。

ヒルトン・オナーズ - ホテル特典プログラム

 

日本語対応のページですし、名前と住所、メールアドレスを入力するだけ。簡単です。 

 

しかし、ここであることに気づきます。

 

そういや私、ANAの公式ページから旅作使って予約したんだった!( ゚Д゚)

H Honorsの公式ページから予約しないと上記の恩恵は享受出来ないんじゃないか・・?と。

 

ということで、ダメ元でこちらのホテルに直接メールしてみました。

 

ANAの公式ページ経由で1月6日から2泊で予約しておりますぬるまゆと申します。

わたくしつい先ほど登録したばかりの平 H Honors会員なのですが、無料wifiなどの会員特典は適用されますか?」と。

 

すると翌日ホテルから返信が。

 

「H Honors公式ページからの予約でない場合、宿泊ポイントは付与されませんが無料wifiを含む会員特典は利用できます。手続きしておきますので、H Honorsの会員IDをお知らせ下さい」。

 

ありがたや!!クッキーもらえる! ♪(≧▽≦)♪

 

すぐ会員IDをメールでお知らせしました。

 

と、チェックインまでにこのような背景があります。

 

 

長くなりましたが、レセプションでチェックインです。

 

ぬ:「今日から2泊で予約していますぬるまゆです。H Honors会員でもあります。宿泊履歴ゼロですけど

 

とプリントアウトしておいた予約票とパスポートをレセプションのスタッフの方にお渡しします。

 

スタッフ:「本日はご利用いただきありがとうございます。はい、ご予約承っております。H Honorsメンバーさまですね。いつもありがとうございます。念のため会員IDが確認出来るようなものはありますか?」

 

ぬ:「あ。はい、あります」

 

と、予めスマホにダウンロードしておいたH Honorsのアプリを開いて会員IDを見せます。会員IDをすぐ伝えられるよう予めIDをメモして持っておくか、アプリを準備しておきましょう。

 

ス:「ありがとうございます。確認が取れましたのでお部屋へご案内いたします」

 

お部屋のカードキーと例のクッキーを受け取ると、ポーターさん(片言の日本語をしゃべるおじさん)がスーツケースを持ってエレベーターまで案内してくれます。

 

おじさん:「ニホンカラ キマシタカー?」

 

ぬ:「はい。そうです」

 

おじさん:「ハイ、ココ、シャシン ノ スポットネー」

 

ぬ:「???」

 

とりあえず、パシャッ!

f:id:miracle_nurumayu:20170221131603j:plain

エレベーター前。古いラジオ?のようなものがオブジェ風に壁に取り付けられています。おじさん曰く、ここ↑が写真スポットだそうです。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170221131602j:plain

流れでロビー前の廊下の写真も。

 

おじさんに部屋まで案内していただいたので、ほんの気持ちだけチップをお渡ししてお別れします。(タイは基本チップ不要の国と理解しているのですが、私はお世話になったと感じた時のみ気持ちだけお渡ししています。マッサージ屋さんではマッサージしてくれたお姉さんにちょっと多めに渡します。そもそも物価が安いですしね。)

 

今回のお部屋。一番お安いスタンダードタイプです。

f:id:miracle_nurumayu:20170221131604j:plain

f:id:miracle_nurumayu:20170221131607j:plain

f:id:miracle_nurumayu:20170221131605j:plain

f:id:miracle_nurumayu:20170221131606j:plain

お部屋からバスルームが見えるセクシー仕様です。

茶色のガラス戸を左にスライドさせて目隠しすることも出来ます。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170221131611j:plain

無料のお水が2本。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170221131612j:plain

ベッドサイドに置いてあるのは有料のお水。。。

 

トラップです!!

 

ここで過去の失敗談をひとつ。

その昔、とあるホテルに宿泊した時、上記の2枚の写真のように一見同じ「よだれかけ」みたいなタグをぶら下げたお水がお部屋に4本、2ヶ所に2本ずつ置かれていました。すべて無料だと思い込んでいて表記を確認せずに開封しちゃったことがあるのですが、一部有料のお水がまぎれていました。

やってもうたー( ゚Д゚))))その後も未遂が何度もあり。

 

「complimentary」と記載のあるものは無料です。安心してザブザブ飲んで下さい。

 

タイのホテルの場合、ビンに入っているお水は無料、ペットボトルに入っているお水は要警戒、と覚えておくと良いと思います。

(例外もあるかも知れませんが、苦情は一切受け付けません)

 

f:id:miracle_nurumayu:20170221131610j:plain

インスタントコーヒーなど。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170221131613j:plain

冷蔵庫の飲み物は有料です。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170222113046j:plain

炊飯器みたいな目覚まし時計。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170221131614j:plain

クロネコ???

 

ではなく、布製の巾着袋に入ったドライヤーでした。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170221131615j:plain

バスローブもあります。クロネコ潜伏中。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170221131616j:plain

スリッパもあります。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170221131609j:plain

シャワールーム。バスタブはありませんが、シャワーの水圧、排水とも特に問題なし。レインフォールシャワーと手持ちのシャワーの2種類が設置されているタイプです。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170221131608j:plain

f:id:miracle_nurumayu:20170222110736j:plain

バスルームの壁にコンセントプラグ、その上に丸いボタンが2つ縦に並んでついています。(ボタンにモザイクかけてます)

 

以前、マイラーのどなたかがご自身のブログでこのホテルのお部屋を紹介されていて「このボタンが何のためにあるのか分からない」と書かれていたことを思い出しました。

 

自分の顔がボタンに写り込んでいることにも気づかず写真を撮ったあと、何度もボタンを押してみました。何だこれ・・・。気になる。

 

(ボタンの用途とか突き止めるの好き)

 

で、分かりました!!

 

お部屋の天井、バスルーム寄りにスピーカーが付いていて、こちらの上ボタンを何度か押すことでスピーカーからテレビの音声が流れてきました。下ボタンを連打すればスピーカーがオフになるというもの。(ボリューム調整機能も兼ねている)

 

検証結果:バスルームにいてもテレビの音が聞こえるよ♬的なボタンかと思います。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170221131617j:plain

アメニティ類。歯ブラシを置いていないところもありますが、こちらにはありました。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170222112936j:plain

オサレすけすけヘルスメーター。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170221131618j:plain

 

熱心にヘンな研究してたら午前1時半過ぎてました。日本時間だと3時半。

さっさとシャワーを浴びて寝ます。

 

f:id:miracle_nurumayu:20170221131620j:plain

クッキーは明日いただく。(*'▽')