ぬるまゆのぬるっと飛行機旅

2017年よりSFC修行を開始。備忘録を兼ねたそこら辺にいるOLの飛行機旅奮闘記です

SFC修行第六弾【成田→那覇】

ごぶさたしております、ぬるまゆです。

2ヶ月以上ブログの更新をサボっておりましたが、修行記は地味に続いております。

お付き合いいただけるとうれしいです。

 

SFC修行第六弾も成田-那覇間の往復になります。

f:id:miracle_nurumayu:20170723152123j:plain

 

修行尼、初めてSkipサービスを使う

2月某日の週末。

この日のフライトはプレミアムクラス!

ということで早速アライバルラウンジへ!・・・と思ったのですがその前に。

 

これまでは必ずチェックインカウンターへ出向き、紙の搭乗券を発券してもらうという昭和スタイルで搭乗していたのですが、今回はみなさんのマネをしてスマホQRコードだけで飛行機に乗ってみようと企んでいたんですね。初めてのskipサービス利用♪

 

QRコードスマホに仕込んであるのでアライバルラウンジへ直行すればいいんですが、ここでチキンな私は「ほんとにこれだけでラウンジ入れるの?またQRコード読み取りエラーとかでお得意の『お客様申し訳ございませんの刑』になるんじゃないの??」と不安に。

 

チェックインカウンターの近くにANAのスタッフさんがおられたので、

 

ぬ:「あの~、今日プレミアムクラスに乗るんですけど、これ(QRコード)あればラウンジ入れますよね?」 

ス:「はい、大丈夫でございます(*^^*)」ニコッ 

ぬ:「ありがとうございます!」

 

安心してラウンジに潜入です。

f:id:miracle_nurumayu:20170723152124j:plain

一筋縄ではいかない私の修行

ステキな笑顔のスタッフさん3人に迎えられます。

 

ス:「搭乗券を拝見いたします^^」

ぬ:「はい、これでお願いします」

 

スマホを渡し、スタッフさんがQRコードリーダーにスマホをかざすと何やらエラーが出た模様・・・。何度かトライして下さるもやはりエラーに。スタッフさん達がザワつき始めます・・・。

 

早速苦手なやつキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

ベテランスタッフさんがやってきてモニターをのぞき込みながらキーボードをカタカタ・・・。後ろからラウンジご利用者が来られるので「あ、どうぞどうぞお先に」と促しながらとにかく無事に事が運ぶのをカウンター前で祈ります。

 

ス:「大変お待たせして申し訳ございません。こちらお返し致します。どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ」

ぬ:「ありがとうございます。あの・・・このQRコード、ちゃんと使えます?ゲートでエラーになっちゃったりしません?」

ス:「はい、大丈夫でございます」

ぬ:「ほんまにぃ・・・?!さっきもそう言われたんやでぇ・・・?ありがとうございます」

 

とりあえず入室。お腹も空いてないしアルコールも飲めないし、ということでコーヒーだけ。せっかくのラウンジなのに。ブタに真珠。ぬるまゆにプレミアムクラスです。

 

コーヒーを飲んで新聞を読んでぼーっとしてると「保安検査場が大変混雑しておりますのでお早めのご利用にご協力をお願いいたします」とのアナウンスが。

 

フライト時間までまだ1時間以上ありますが、さっきのこともあるので言われるがままラウンジを出て保安検査場に向かいます。

 

安定のトラブル

平民レーンは検査場のずっと手前にある動く歩道あたりまで人が並んでいますが、今日はプレミアムレーンが使えます!それでも10分くらい待ったと思います。

 

私の番になりスマホQRコードリーダーにかざすと恐れていたエラー表示が!

 

はい、そんな気してた━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

スタッフさんが再度試して下さいますがやはりエラーに・・・

 

アライバルラウンジのお姉さん、大丈夫って言ってたのに・・・(*_*)

 

何やら他の場所からも別のスタッフさん達が数名集まってきます。私のせいで後ろの人は先に進めません。

 

「おいおい、あいつ何やってくれちゃってんの???」的な強めの視線が私の右側頭部あたりに突き刺さってんの知ってます。絶対にそっちに顔は向けませんけど知ってます。

 

後方からのぬるまゆファンの熱視線に耐えられなくなり

 

ぬ:「私はまだ時間がありますので、後ろの皆さんを先に通して差し上げて下さい・・・」

 

とお願いし、一歩下がって道を空けます。するとスタッフさんが

 

ス:「申し訳ございません。ではこちらでしばらくお待ちいただけますか?」

 

とおっしゃり、どこかに連絡を入れています。しばらくするとANAの制服のお姉さんがやってこられて「ご迷惑をお掛けしております」と、もう一度私のスマホをリーダーにかざしますがやはりエラーに。

 

だんだん頭がふらふらしてきます。

私、この日の前日から体調がすぐれなかったんですね。

ちょっとマズイなーと思っていると、

 

ス:「大変申し訳ないのですがこちらのコードがご利用できないようなので、お手数ですが再度カウンターにて発券のお手続きをお願いできますでしょうか。4番の窓口にて対応させていただきます。なお、お戻りの際はこちらの案内票をお見せいただければ優先して保安場をお通りいただけますので」

 

と、ラミネート加工された「優先案内票」を手渡されました。

 

うううっ・・・。結構しんどいんですけどまたあそこまで戻るんですか・・・( ;∀;)

おとなしく紙発券しておけば良かった。

 

仕方なく言われた通りチェックインカウンターへ向かいます。指定された4番カウンターとやらに行けばすぐに発券してもらえるものとタカをくくっておりましたが、4番カウンターにも5組ほど並んでいます。しかも全然進まない・・・(;´Д`)

 

あかん、ほんまにしんどい。

 

4番カウンターの先頭のお客さん(おじさま)がモメてます。

天候不良(雪)で小松行きの便が欠航になったことでお怒りのようです。

 

おじさま:「飛行機飛ばせなくなったって、それはあなたの会社の都合でしょーが!」

 

多分ANAの都合じゃないと思うけど・・・(*_*;

 

10分ほどゴネ続けたおじさまはGSさんの案内で別の場所へ連れて行かれます。

 

ほんとにしんどくなっちゃった。どうしよう、座りたい・・・

 

ちょうどその時別のスタッフさんが近くを通りかかったので、私がここにいる経緯、体調がよろしくない旨お伝えしたところ、

 

ス:「承知しました!お待ちくださいませ!!」

 

と私のスマホと優先案内票を持って別のカウンターで手続きを始めて下さいました。

が、もうしんどくて立ってられない。

 

ぬ:「すみません、具合悪くてちょっと座りたいんですけど・・・」

ス:「えーっと・・・イスがないので車イスならお貸しできますが・・・」

 

くっ、車イスっ( ゚∀゚)!!

 

ぬ:「それは結構です・・・( ;∀;)」

 

と丁重にお断りしてカウンターに寄りかかりながらその場にしゃがみこみます(+_+)

 

調べていただいたところ、どうやらスマホQRコードではなくANAカードをかざさないといけなかったようです。お手数をおかけしてすみませんでした( ;∀;)

 

結局紙の搭乗券を発行いただき再び保安検査場へ。

さっきより列が伸びてますが優先案内票のおかげでササッと割り込みさせていただくことができました。

 

やっと機内へ

ゲート前の待合エリアと沖止めへ向かうバスの中で座ることができたので少し体調も落ち着きなんとか機内へ。

 

CAさんがご挨拶に来られます。

 

CA:「本日はご旅行ですか?^^」

ぬ:「そっ、そんなとこです・・・」(意味不明)

CA:「さようでございましたか。どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ^^」

ぬ:「あの、お忙しいところすみません。実は私このフライトが終わるとブロンズステイタスになるんです。記念にポストカードか何かを降機の時にでもコソッといただけませんか?」

CA:「さようでございましたか!はい、もちろんでございます。いつもご利用ありがとうございます!」

ぬ:「ありがとうございます。よろしくお願いします」

 

本日お世話になる機材。

f:id:miracle_nurumayu:20170723152125j:plain

予定時間を30分ほど過ぎて離陸。水平飛行に入りお食事の時間です。

私がカメラ構えると必ず揺れが強くなります。なかなかピントが合いませんが。

f:id:miracle_nurumayu:20170723152126j:plain

お食事の後はコーヒーとフォンダンビスキュイをいただきました。

f:id:miracle_nurumayu:20170723152127j:plain

お腹もいっぱいになり、機内誌でも・・・。

動物園の記事なんですけどね。

f:id:miracle_nurumayu:20170723152128j:plain

一瞬『タッチもOKA』って那覇修行勧めてる記事かと空目しちゃいました。

f:id:miracle_nurumayu:20170723152123j:plain

「アメリカバクにもおさわりできちゃいますよ♪」っていう記事でした。

 

うふふ。私も完全に修行尼だわ~♪

 

とか思いながらひとりでニヤニヤしてたところに突然、

 

「〇〇さま(私の名前)、おめでとうございます!」

 

とお声掛けが!

びっくりして顔を上げると目の前に・・・

f:id:miracle_nurumayu:20170723152129j:plain

こんなかわいいアメちゃんブーケを持ったCAさん3名が!!

 

CA:「ブロンズステイタスおめでとうございます。今後も当社をよろしくお願いいたします!」

 

とキラキラの笑顔でこのブーケを手渡して下さいました。

搭乗証明書とプレゼントも一緒に。

f:id:miracle_nurumayu:20170723152131j:plain

f:id:miracle_nurumayu:20170723152130j:plain

CAさん、本当にありがとうございました!

でも、コソッとってお願いしてたんですけど結構派手にお祝いしていただいて、まわりの皆さんの視線も感じつつ、恥ずかしいやら恐縮しちゃうやら( ;∀;)

f:id:miracle_nurumayu:20170723152132j:plain

赤面したまま無事に那覇空港に到着。

夜も更けていたので真っすぐその日の宿に向かいました・・・。